自分にあった脱毛方法

男の脱毛あれこれ

女性だけでなく、男性の間でも当たり前となりつつある脱毛。
さまざまな脱毛方法がありますが、どういった方法でやるかは脱毛する部分やお肌の状態などによっても変わってきます
また、金額も、かかる手間もまちまちですから、よく吟味して自分に合った方法でおこなうといいでしょう。

@シェーバー

脱毛のなかでも基本となるのがシェーバーです。
多くの人がもつアイテムであり、お手軽簡単。
ヒゲ用、手足用とお肌の部分によって使い分けますが、なかには一つで全て済ませてしまっている人もいます。

シェーバーには、シェーピングだけでなくトリム機能などがついているわりには、
価格も手が出せないほどの高額というわけではありません。
物によって価格は数千円で済むものもあれば、何万とするものもあります。

ただ、永久脱毛ではありませんから、剃ったら生えるの繰り返しです。
手間もありますし、肌へのダメージもそれなりにありますので、そこは覚悟しなければならなくなります。

Aクリーム&ジェル

脱毛したい部分に塗り、時間を置いてから拭き取ると・・あら不思議!!
きれいに抜けています。
シェーピングよりもお手軽でお肌を傷めることなくできます

ただ、肌に塗りつけて使うものなので、その成分使用箇所の確認はきちんとしておかないと、後々大変なことになってしまうことも…。
場合によっては肌荒れをひきこすこともありますから要注意です。

価格的には千円程度のものから数千円と、1回あたりの金額がシェーピングよりも高額になるかもしれません。

B家庭用脱毛器

「きれいなおねえさんは好きですか?」
テレビコマーシャルでもお馴染みのこのセリフ。
女性にとっては脱毛器は当たり前のものであり、多くの人が一台は所持しています。
その性能もどんどん向上しており、かかせないケアアイテムとなっていますね。

脱毛が男性の間でも当たり前となってきている今、男性も使える脱毛器も販売されています。しかも、男女兼用のものもあり、ご夫婦で使われる方もいるそうです。
確かに、女性用・男性用それぞれ買うよりは経済的ですし、場所もとりませんから管理も楽です。

ただ、その価格はちょっと高額。軽く5万は超える金額となっています。

とはいえ、値段だけでなく性能も高いものが多いですから、エステなどでやってもらう脱毛と同じ効果を期待することができます。
家庭で手軽に、しかも効果的なのは、家庭用脱毛器が一番かもしれません。

Cエステ&クリニック

脱毛を本格的にやりたい場合は、エステもしくはクリニックが一番。
敷居が高く感じられますが、今ではメンズ専用のエステやクリニックなどもあり、しかも外見からは脱毛とわからないようにされているところもあるので、そこまで抵抗なく通うことができます

カウンセリングからしっかり肌と体毛を調べ、それに適した方法で施術していきます。
専門の慣れた人がやるのですから、家庭で自分でやる脱毛とは比べ物にならないほどの効果を得ることができます。

ただ、人にやってもらうのですから、その金額は高額になります。
また、通院といった手間もかかります。

特に注意しておきたいのがエステでおこなう脱毛です。
エステサロンは医療機関ではありませんから、いくら脱毛のプロといっていても、所詮は普通の人です。
研修を受けたとはいえ、その道のプロである医師や看護婦には劣ります。
もしもの際には医療行為ができませんから、エステサロンでやるのであれば、
そこらへんのデメリットは覚悟しておかなくてはいけません。

逆にそういったデメリットがないのがクリニックなどの医療機関での脱毛です。
医療技術に優れた医師や看護婦がおこないますから、万が一のことがあったとしてもすぐに適切な処置を施すことができます
ただ、エステサロンより高額になってしまうのがデメリットとなります。

ページの上部へ